精密治療

当院の精密治療

小さな異変見逃さず

最新の拡大精密機器を使い、正確な診断、治療を行います。マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)やテレスコープ(拡大鏡)などによって、狭く暗い口の中の歯や歯茎の小さな異変も見逃しません。マイクロスコープでは対象を最大20倍に拡大して見ることができ、肉眼では見えない口の中の隅々まで確認します。これまで歯科医師の経験や勘、技術力に頼る部分が大きかった根管治療をより正確に行うことができます。
マイクロスコープの操作には熟練が求められます。当院の院長は専門のコースを修了、現在も講習会やトレーニングコースに参加するなどして技術を磨いています。

精密拡大治療を受けるとどんないいことがあるのか?

ベストな治療計画を作れる

裸眼で読み取れる情報には限界があります。歯を支える骨の状態を見誤ったり小さな虫歯を見逃したり、かみ合わせの問題に気づかなかったり。それに対して精密治療では「ミクロレベル」の情報を得ることができます、だから正確な診断ができ、それに基づいたベストな治療計画を作ることができます。

健康な部分を最大限残す

拡大精密機器を用いることで、治療においては、虫歯の悪い部分と健康な部分の境目を正確に見極められるため、大切な歯の健康な部分を最大限残すことができます。

生涯にわたって美しく健康な歯でいられる

精密拡大治療では、口の中の小さな異変も見逃しません、わずかな変化に気づくことで虫歯や歯周病を未然に防ぐことができます。治療したところの美しさを長く保ちながら歯を一生維持できます。治療や再治療がないということは、もちろん経済的に大きなメリットになるのです。

PageTop