かみ合わせ治療

当院のかみ合わせ治療

歯の咬み合わせが上手くできていないと、食事を咬み砕くときに支障が出るのはもちろん、顔の歪み・顎の関節の悪化・頭痛・肩こりなど、全身に様々な症状が出てきます。当院は、最新の咬み合わせ測定器「T-スキャンⅢ」を使い、咬み合わせの治療をしていきます。

 

その1

最新の咬合理論に基づいて治療します。

 

その2

咬み合わせが悪いとそれが原因で歯や全身に様々な症状の病気がでてくることがあります。

 

その3

「顔がゆがんでいる」、「顎がガクガクしてだるくなる」、「特別な原因もないのに頭痛がする」、「肩こりがする」、このような症状にお気づきの方は、是非ご相談下さい。

 

その4

最新検査装置「T-スキャンⅢ」を使い、咬み合わせの状態をコンピューターにより解析して、咬む位置、バランスなどを診断します。

T-スキャンⅢとは

咬み合わせ治療では、歯の並び方や形だけでなく、上下の顎の位置関係や筋肉バランスを調整することが重要です。T-スキャンⅢを使用すれば、咬合接触部位や咬合圧バランス、そして咬合部位の動的変化まで検査することが可能です。過去に行った歯の治療が原因で咬み合わせが悪くなってしまったという方も、一度当院へご相談ください。

 

■かみ合わせ治療に必要なのは次の4点に集約されます。

①上下の顎の位置関係が理想的になるように顎の位置を決定する。
②上下の顎の位置関係が理想的になるように筋肉のバランスを直す。
③歯と歯のかみ合わせは理想的な顎の位置をもたらすようにする。
④レベルの低い歯科治療によっておかしくされた歯はすべて西本歯科医院の精密治療によって再生させる。

PageTop