無痛治療

無痛治療

最新脳科学と東洋医学を組み合わせ

治療時の不快な痛みを取り除くことに力を入れています。それにより患者さんの治療への恐怖心を軽減します。いろいろな方法を取り入れていますが、中でも最新脳科学と東洋医学のつぼを組み合わせた方法は当院独自のものです。関西地域で実施しているのは当院だけです。

また、治療前の個別のカウンセリングで治療方法について説明させていただき、患者さんの不安を和らげます。治療前から痛みがある場合は、まずそれを取り除く応急処置を行います。

歯を削る器具の操作も優しく

歯を削る器具を治療部位に当てるときも、柔らかな操作にこだわっています。また、できる限り天然歯を残すようにして、患者さんの負担を減らすことで痛みをなくします。

麻酔は針のない注射器で

麻酔は針のない注射器を使用しています。必要に応じてコンピューター制御の注射器で麻酔を追加しますが、その際は痛みを取り除く東洋医学のつぼを併用します。コンピューター制御の注射器は導入例の少ない最新の装置でもあります。

当院の痛くない(無痛)治療への考え

歯の治療は痛くて怖いものだと思っている方も多いと思いますが、当院では治療中はもちろんのこと麻酔を打つ際も痛みがないようにするのが当然だと考えています。特に歯を削る際は、どれだけ丁寧に細かい処置をするのかで痛みの有無が大きく異なります。痛くない治療をご希望の方は、当院へご相談ください。

痛くない治療

虫歯が進行していて、既に症状として痛みが出ている場合は、まず痛みを取り除く処置を行い患者さんの負担を和らげるようにしています。その後は、根本的な原因を解消するために虫歯菌に侵された歯を削っていきますが、この時もできるだけ痛みがないように「削り過ぎない」治療を心がけています。

針のない注射器を導入しています

当院では、麻酔を打つ際は「針のない注射器」を使用します。

麻酔の進め方

1麻酔を打つ場所に表面麻酔を塗り、感覚を麻痺させます。

2針のない注射器で麻酔をかけます。

3麻酔が効きにくい場合などは、追加で「痛みなく少しずつ麻酔液を注入できる麻酔器」を使用します。

4痛みを取るツボを刺激して、さらに痛みを感じる可能性を減らします。

PageTop