西本歯科医院ブログ

2013.04.08

メタルフリー治療

こんにちは 大阪市 北区 天神橋 西本歯科医院 院長の西本です

本日はメタルフリー治療について お伝えしたいと思います

保険で 奥歯の虫歯を治したとき 金属の詰め物や被せ物をいれることになってしまします

いわゆる「 銀歯」ですね

結構目立って 見栄えが悪いので 最近 特に女性の方は 嫌がって 避ける傾向にあります

「銀歯」も強度という面では、文句のつけようのない素材なのですが

銀歯に使われているのは金銀以外に コバルト クロム ニッケル パラジウム

といろいろな金属を 混ぜ合わせた合金なのです

その中には 体に良くない影響を及ぼすものも 少なくありません

合金は 温度変化などの過酷な環境下で 経年劣化して

体に良くないイオンが溶け出して

歯茎を黒く着色したり

何より 今 問題になっている 金属アレルギーを引き起こします

金属アレルギーは 体に様々な不調を引き起こしますし

アトピー皮膚炎の原因になったり 

手のひらや足の裏の皮がずるずる剥ける 掌蹠膿疱症という恐ろしい病気を引き起こす事があります

このようなことから 美しい見た目を実現するだけでなく 健康にもよい

体にやさしいメタルフリー治療をご提案しています

金属アレルギーでお悩みの方 皮膚炎が全然治らない方は

大阪市 北区 天神橋の西本歯科医院に 是非一度ご相談ください

2013.04.06

オールセラミック

こんにちは 大阪 北区 天神橋 西本歯科医院の院長 西本です

本日もお食事の後は歯のケアをしていただけましたでしょうか

今回は、歯が「かける」「変色した」などについての治療法をお伝えしたいと思います

審美歯科を得意といたします 当医院では様々な治療も行っております

前歯が欠けたり、折れたりしてしまうと格好も悪いしとても不便ですよね

当医院では「セラミック」を使用し治療を行っております

とても満足度の高い治療となっておりまして、汚れが目立たない、変色がないといったメリットがあります

すでにある詰め物がとれてしまった時でも対応できますので、是非一度ご相談ください。

最寄駅は JR環状線 天満 地下鉄 天神橋6丁目 扇町 中崎町です

大阪市 北区 天神橋の 審美歯科 セラミックの得意な西本歯科医院 西本でした

2013.04.04

ワンランク上の歯科治療ガイド

こんにちは 大阪市 北区 天神橋 西本歯科医院の院長 西本です

4月から 新しく 2つのホームページを立ち上げました

一つは 昨日のブログでも取り上げました 審美歯科に関するサイトです

今日は もう一つの 「ワンランク上の歯科治療ガイド」についてご紹介させていただきたいと思います

このサイトは 西本歯科医院が 治療に関して心がけていること

今健康な歯はもちろん、治療を施した歯を長持ちさせるために大切なこと

西本歯科医院の治療の質が なぜ他の医院に比べて高いのか

などがわかるような 内容にしています

歯科関係者(歯科医師 衛生士 技工士 歯科材料商)が西本歯科医院の患者さんに多いのは

この業界の人には 治療の質の高さは 一目瞭然なのですが 一般の方には伝わりにくい部分もありますので

そのあたりも説明しています

またそれ以外にも 一般的な治療についてのガイドにもなっていますので

歯が痛い しみる

今より悪くなりたくない

歯茎から血が出る

噛むと痛い

ホワイトニングをしたい

歯並びが気になる

入れ歯があわない

など症状や悩みに応じて 治療法を説明しておりますので 

是非 一度見てみてください よろしくお願いいたします

審美歯科 無痛治療 精密治療の西本歯科医院 院長の西本でした

2013.04.03

審美歯科のサイトとプレミアムな治療ガイド

こんにちは 大阪市 北区 天神橋 西本歯科医院の 西本です

4月から このメインのホームページ以外に 2つのサイトを立ち上げました

一つは 審美歯科についてのサイトで 特に歯を白くしたり 歯並びを治したい方のためのホームページです

前歯を白くしたい 銀歯を白くしたい 歯並びを治したい

詰め物 被せ物がとれた割れた 前歯が欠けた折れた 

歯茎の黒ずみが気になる などの治療法について解説してあります

特に上記のようなことが気になってらっしゃる方は ブログの上の

WEBキャンペーンのところをクリックしてください

金属やワイヤーを使わない マウスピース矯正や

前歯だけのプチ矯正についても 説明がありますので

興味のある方は是非ご覧ください

もう一つは ワンランク上の治療ガイドという ホームページです

こちらは より良い治療をご希望の方

お口と体の健康を 大切にしていきたい方 のために情報を載せています

詳しくは また次回に

審美歯科 精密治療 でしたら 西本歯科医院へ

2013.04.01

よく噛むことは

こんにちは 大阪市 北区 天神橋 西本歯科医院 院長の西本です

よく噛むことは 強く噛むことではないと 何度も申しあげました

食事するときは 強く噛むのではなく お餅をつくような感覚で 何回も繰り返し噛むのが良いのです

あえて言うなら 歯と歯が当たる瞬間に力を抜くぐらいのイメージでよいほどなのです

それで、回数を噛むようにしてください 

大学で咀嚼の実験をしました 赤いガムと青いガム同時に口に入れて

何回咬んだら きれいな紫色になるかというものです

一口 30回噛むとよいとよく言われますが 30回では まだまだ 赤青まだらでした

50回を過ぎたあたりから 色が均一になってきて 実験では60回噛むのが理想的となりました

もちろん 僕自身 これほどの回数を噛んでいるか?と聞かれたら

こんなには、噛んでいませんが イメージで心がけるようにはしています

何回も繰り返し噛むと 唾液の量が増え 食事をしている満足感にもなります

ダイエットの効果もあるのです 僕も最近 8キロ以上痩せて

よく患者さんに どうやって痩せたか聞かれるのですが

いくつか やっていて 食事面での 一番の効果があったのが 60回噛みです

強く噛みしめることは よくありません 歯を過酷な状況に追い込んでいるのです

歯を健康に長持ちさせるため 「よく噛む」=軽く回数をたくさん噛む を是非実践してみてください

2013.03.29

よく噛むこととは

こんにちは 大阪市 北区 天神橋の西本歯科医院 院長の西本です

前回は「よく噛むこと」は「強く噛むこと」ではないと 説明いたしました

では 強く噛むのがなぜいけないでしょうか

強く噛むと、歯に負担をかけてしまうのがひとつ。

それだけでなく お肉などの硬い物を食べるときは、どうしても力を入れて噛んでしまいます。

そうすると、早く噛みきれるからです

でも、強く噛んで、早く噛みきって 早く飲み込んでしまう

そうすると、お口の中に食べ物がある時間が少なくなります。

食事をするときは自然と口の中に唾液が満ちているのですが、

口の中に食べ物がある時間が少ないと、それだけ唾液の量も減ってしまいます

唾液は消化に大変重要な役割をしているだけでなく

食物の中の酸で歯を 痛めるのを防いでけれたり

有害な物質を 緩和してくれたりしてるのです

では また 続きは次回に

大阪市北区天神橋5-7-12 西本歯科医院
06-6882-0631

2013.03.26

よく噛んで食べるとは

こんにちは 院長の西本です

最近診療が忙しいうえに お昼休み 診療後も いろいろ打ち合わせ 研修会がかさねって

ブログの更新ができませんでしたが 今日から心を入れ替えて まめに更新いたします

さて「よく噛んでたべるように」と聞かれることが 多いと思いますが 

これに関して 大変誤解が多い事を 知っていただきたいです

よく噛んで食べろというのは 強く噛んで食べろと言っているのではないのです

普段ものを食べる時に 強く噛みすぎて歯が痛んでしまっている患者さんも少なくありません

たとえば 「よく混ぜてください」と言われたとき あなたは強い力でガチャガチャ容器を言わせながら

混ぜるでしょうか?(オムレツを作る時を想像してください)

軽い力で 黄身と白身が均等に混ざるようまで 回数を多く混ぜるのではないでしょうか

よく噛むというのも それに似ているのです

くわしくは また次回に

大阪市北区 天神橋の歯医者 西本雅英のブログで

2013.03.04

ホスピタルダイアローグ ワーク練習会

昨日 日曜日 東京でホスピタルダイアローグの ワーク練習会に参加してきました

全国各地から6名のコース卒業生が集まって

質問ワークを 練習しました

あっという間の4時間でした

相変わらず 尾谷先生の質問と分析能力は鋭く

感心させられる ばかりでした

僕も 精進して いつか あの域に達せられるよう

頑張ります

2013.02.25

噛み合わせと全身の健康

噛み合わせを 治療することによって 何故体調が良くなったり 病気が治ったりするのでしょうか?

私たちが病気になるのは、何らかの原因で血流が悪くなり、免疫力が低下した時です

免疫力を低下させる原因はいろいろありますが、その一つが歯の噛み合わせです

噛み合わせが狂うと、体が歪み、神経や血管が圧迫されます

すると 血液や神経の流れが悪くなって免疫力も低下します

病気はそういうところに発生するのです

敏感な人は 目に見えないわずかな噛み合わせの狂いで 全身に不調があらわれます

噛み合わせの治療には、そういう微妙な噛み合わせの狂いを調整する能力が必要なのです

それは 他の一般的な歯科医院では無理かと思われます

2013.02.18

痛みの研究会

昨日は 今年初めての 痛みの研究会があって 参加してきました

大阪市北区周辺の 医師 看護士 が中心になって 患者さんの

いろいろな痛みと それをなくす方法について 勉強します

天神橋 天満 の お医者さんの先生もいらっしゃいました

今回は 慢性疼痛と それを高周波機器を用いて 和らげる方法を

勉強しました

早速 うちの医院でも やっていこうと思います

1 2 3 4 5 6 7